三味線(しゃみせん)

三味線

こちらでは日本伝統文化である三味線を 知る 学ぶ 働く の観点でご紹介していきます。
三味線は、中国の三弦(サンチェン)という楽器が起源だといわれ、日本ではおよそ450年程前に三線(さんしん)として沖縄に伝わったのが始まりだといわれています。

現在も民族民謡として用いられられ受け継がれています。
江戸時代には、音楽にも厳しい制限があったようです。その中で庶民にも受け入れられた三味線は伴奏楽器として発達した三味線は、唄い手の声の高さに合わせて調弦を変えるという洋楽器とは違う一面を持っています。