人形飾りでPR 富士ビジターセンター

ningyou

ningyou

外国人観光客に日本の伝統文化を知ってもらおうと、富士河口湖町の県立富士ビジターセンターは、同センターの2階ロビーにひな人形や五月人形を飾っている。約25~30年前の人形で、家庭で不用になったものを譲り受けた。

展示しているのは、7段飾りのひな人形と甲冑(かっちゅう)姿の五月人形、羽子板飾りの3点。5日に飾り付けた。今後、人形の意味などを記した解説パネルも設置する。

会場では、多くの外国人観光客が人形を撮影したり、もの珍しそうに立ち止まって観賞したりしている。

ドイツから訪れたジェシー・ミカエラさん(35)は「とても美しい。伝統ある日本文化を知ることができて良かった」と話していた。6月上旬ごろまで展示する。

山形新聞