ニコ動で楽しむ伝統文化

niconico

ニコ動で楽しむ伝統文化

 

動画投稿サービス「ニコニコ動画」(ニコ動)による年に1度のイベント「ニコニコ超会議3」が26、27の両日、千葉市・幕張メッセで開かれた。今回の大きな目玉は相撲。地方巡業さながらの取組や催しが、コスプレ少女らでにぎわう空間に出現した。近くにはコンピューターとの対戦で話題となった囲碁将棋のブースも。ネット世代の若者とは縁のなさそうな伝統文化がなぜ、そこにあるのか。

 

広大な会場のほぼ中央に土俵がすえられていた。砂かぶりから四方に観客が取り巻く。吊(つ)り屋根の上には「満員御礼」の垂れ幕もかかっている。本場所との違いは、向こう正面に設置された220インチの巨大ディスプレー。ニコ動で生中継されている土俵の様子が、そのまま映し出されている。

 

今回、角界から約250人が参加。横綱白鵬の土俵入りの際には、「よいしょー」「かっこいい~」といった文字が、嵐のように画面に重なり、流れていく。ニコ動でおなじみの機能で、中継を見ている人がパソコンなどから自由にコメントを書き込んでいく。

 

朝日新聞